乳がん検査・診断:早期発見・診断

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > MRI検査による病気の早期発見・診断 > 乳がん検査・検診・診断 > 乳がんの発見・診断
MRI検査による病気の早期発見・診断

乳がんの発見・診断

乳がんを発見・診断の方法について

1.乳がん検査の種類

乳がんの検査には、早期発見のための検査、乳がんと確定診断するための検査、がんの進行度や広がりなどを調べる検査などがあります。これらの検査を駆使して正確な診断をすることが重要となります。

2.乳がんを早期発見するためには

早期発見のための検査は、医師が見て触る視触診やマンモグラフィ検査などがあり、必要に応じて超音波検査を併用する場合があります。
近年ではマンモグラフィや超音波よりも精度が高い「乳房MRI」が有用と考えられています。

3.乳がんであると確定的に診断をする方法

乳がんと確定診断するための検査には、病変の一部を採取します。
病変を採取する方法としては、細い針で細胞だけをとる細胞診、太い針で組織をとる針生検、そして外科的に切開して組織をとる開創生検の方法があります。
超音波でみえる病変は細胞診や針生検を、マンモグラフィでしか見えない病変は、針生検の中でもより多くの組織を採取できる吸引式乳腺組織生検を行います。
近年では、MRIでしか見えない病変にMRI検査をしながら行う吸引式乳腺組織生検(MRIガイド下生検)が有用と考えられています。

4.乳がんがあると確定した後の検査

乳がんがあると確定した後には、乳がんの進行度や広がりを確認して治療方針を決定します。
このがんの進行度や広がりを調べる検査としては、乳房MRI検査を用います。

乳がん検診の内容に進む

乳房MRI検査、乳房ガイド下生検のご案内(医療関係者向け)