乳がん検査・診断:乳がん検診

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > MRI検査による病気の早期発見・診断 > 乳がん検査・検診・診断乳がんの検診
MRI検査による病気の早期発見・診断

乳がんの検診

一般的な乳がんの検診についてのご説明です。

乳がん健診の内容

乳がん検診の主な内容に、触診、超音波、マンモグラフィがあります。施設により扱っている検診内容は様々ですが、乳がんは”しこり”を形成するだけではないため、視触診だけでは早期発見が困難なケースもあります。

2000年厚生労働省から、マンモグラフィを導入した乳癌検診を推進するよう提言が出され、全国の各自治体で、50歳以上の方を対象に2年に1回の視触診とマンモグラフィの併用検診の導入がなされました。
さらに、2004年厚生労働省より、検診の見直しの指針が出され、現在は40歳以上の方を対象に併用検診が推進されています。

乳がん検診の施設ごとの比較


施設 自治体 人間ドックのオプション料金 乳腺専門クリニックの検診
検査内容 自治体により様々

視触診のみ、
または視触診

40歳以上で2年に1回
マンモグラフィ検査(1方向)
もしくは
超音波検査
施設により様々

視触診のみ、
または視触診

マンモグラフィ検査(1or2方向)

もしくは
超音波検査
施設により様々

視触診

マンモグラフィ検査
(1or2方向)

もしくは
超音波検査、
または視触診

マンモグラフィ検査
(1or2方向)

超音波検査
費用 無料~1,000円程度 自由診療
10,000円程度
自由診療
10,000円~20,000円



マンモグラフィ検査実施医療機関

Yahoo! Japanピンクリボンキャンペーンページからマンモグラフィでの乳がん検診実施医療機関を探すことができます。

乳房MRI検査に進む

乳房MRI検査、乳房ガイド下生検のご案内(医療関係者向け)