肩MRI検査、肩関節MRI検査のご案内

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別の専門検査 > 肩MRI検査
医師の皆様へ

肩MRI検査(肩関節MRI)

肩MRI検査(肩関節MRI)・読影についてのご案内です。

肩の検査と診断は、整形外科領域の中でも難しく、診断がつけにくいとお考えの先生方も多いかと存じます。
当院では、肩の診断精度向上の為、骨軟部画像診断が専門で、肩の診断に特に造詣の深い佐志隆士が読影をいたします。

読影医:佐志隆士のご紹介

略歴

昭和57年03月      秋田大学医学部卒業
平成11年~平成12年 米国デユーク大学留学
平成09年~平成22年 秋田大学医学部附属病院放射線科
平成22年~現在     AIC八重洲クリニック
放射線科専門医(専門:肩関節、マンモグラフィ)

著書

・マンモグラフィのあすなろ教室
 秀潤社 (2007/09)
・手にとるようにわかる骨関節単純X線写真 はじめの一歩
 ベクトルコア (2006/12)
・骨軟部画像診断の勘ドコロ
 メジカルビュー社(2006/04)
・肩関節のMRI―撮像と読影の基本テクニック
 メジカルビュー社(2000/09)

肩の基本撮影法

横断像 自由減衰型T2強調画像(=T2スター)、脂肪抑制T2強調画像
冠状断像 T1強調画像、脂肪抑制T2強調画像
矢状断像 T1強調画像、脂肪抑制T2強調画像
追加撮影 ラジアルスキャン(放射状断)
自由減衰型T2強調画像(=T2スター)

肩の症例

腱板全層広範断裂 長頭腱脱臼

腱板全層広範断裂 長頭腱脱臼

腱板疎部損傷 インピンジメント

腱板疎部損傷 インピンジメント

三角筋下滑液包炎

三角筋下滑液包炎

Hill-Sachs lesion (+)

Hill-Sachs lesion (+)