ASL脳パフュージョン検査 MRIによる脳血流動態評価

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別の専門検査 > MRIによる脳血流動態評価 ASL脳パフュージョン検査
医師の皆様へ

MRIによる脳血流動態評価 ASL脳パフュージョン検査

ASLを用いた脳パヒュージョンについて

脳梗塞や動脈閉塞性疾患などの血管障害において、様々な程度で脳循環代謝が障害されることが知られています。これらの脳疾患において血行動態の評価は重要 とされており、PET(Positron Emission Tomography)やSPECT(Single Photon Emission Computed Tomography)といった放射性同位元素を用いた検査が一般臨床で広く行われています。

一方、MRIの技術的進歩により、MRIによって形態的変化だけでなく循環動態も評価することが可能となりました。MRIによる脳血流動態評価はPET、 SPECTといった核医学検査にくらべて、放射線被曝がなく、所要時間が短いこと、検査費用が安価であること、さらにMRAや拡散強調画像など他の画像と の組み合わせが容易であることなどの利点があり、脳疾患における血流動態評価に臨床応用が進んでいます。

  トレーサー 低侵襲性 利便性 定量性 分解能
CT ヨード造影剤  
MR(DSC) Gd造影剤    
MR(ASL) 血液    
SPECT RI      
PET RI    
Xenon CT Xeガス    


MRIによる脳血流動態評価

MRIによる脳の血流動態評価は造影剤を使用する方法と使用しない方法に分けられます。
一般的なのは造影剤を用いる方法でした。しかし、造影剤による副作用の問題、また3テスラMRI装置の普及に伴い、造影剤を用いない方法にこれまで以上の感心と期待が高まっています。
このような、造影剤を用いずに脳の血流動態を評価する方法をASL(Arterial Spin Labeling)法といいます。その非侵略性から、フォローアップなど繰り返し検査が出来る利点があり、現在、最も注目されている検査法です。

ASL法の適応と臨床例

ASLは、脳血管障害における血流動態の評価に有用とされています。また、脳腫瘍にも行われており腫瘍の分類、腫瘍と炎症性疾患との鑑別に加えて,腫瘍の血管塞栓術または放射線治療前後の効果判定にも適応が考えられています。

ASLの適応が有用な疾患

脳血管障害における側副血行路の評価
慢性脳虚血(動脈閉塞性疾患)
頭蓋内外動脈バイパス術後
モヤモヤ病
脳梗塞の血行評価
急性期脳梗塞
脳腫瘍の血行支配
グリオーマの悪性度診断
治療後再発と放射線脳壊死との鑑別
腫瘍類似病変との鑑別

ASLの臨床例

本院で行ったASL法の臨床例を紹介します。
頭部MRI検査で偶然見つかった左中大脳動脈の閉塞疾患です(図1の矢印)。
症状はなく、他のMR画像には明からな異常はありません。
ASL画像では、右中大脳動脈支配領域とくらべ明らかに血流が低下しているのが確認できます (図2の矢印)。 しかし、時間の経過と伴に側副血行路による血流が徐々に認められます (図3の矢印)。



当クリニックの取り組み

ASL法は造影剤を用いる必要が無く、X線被曝もないため、繰り返し検査を行なうことができます。
当クリニックでは、3.0テスラMRIでの頭部MRI検査において、検査目的や症例に応じてASL法を実施し、脳血流異常が認められる場合には、その責任血管検索目的で頸動脈MRAを追加撮像を行い、より多くの情報から症状の原因を探るよう心掛けております。

ASLを用いた脳パフュージョンについて、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。