乳房MRI検査、画像ガイド下生検のご案内

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別の専門検査 > 乳房MRI検査、画像ガイド下生検のご案内
医師の皆様へ

乳房MRI検査、画像ガイド下生検のご案内

乳腺領域を専門とする画像診断チームで、乳がんの早期発見・診断に取り組みます。
エコーガイド下生検、MRIガイド下生検のどちらを実施すべきかの判断についてのご相談もお受けしております。

当クリニックでは、乳腺領域を専門とする画像診断チームを構成し、乳がんの早期発見・診断に取り組んでいます。
また、乳がんであるかどうかを確定するための検査として、エコーガイド下生検、MRIガイド下生検(※1)を実施しています。 検査のご予約は、0120-786-055 へご連絡ください。

(※1)MRIガイド下生検は、2007年に日本で初めて亀田総合病院で導入され、現在は、全国19の施設で施行されています(2015年8月25日現在)。

  • MRIガイド下生検のご予約方法
乳房MRI検査

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

乳がん検診(マンモグラフィ検査やエコー検査)にて病変があった場合に乳房MRI検査の実施ををお勧めしています。
当クリニックでは、最新型の3.0テスラMRIを用い、乳腺領域を専門とする画像診断チームにより乳腺疾患の診断を行います。
料金の目安:約41,000円(10割負担)  約12,300円(3割負担)
乳房MRI専門読影メンバー(※1)
戸崎 光宏 先生(さがらブレストピアヘルスケアグループ乳腺科部長・相良病院附属 ブレストセンター放射線科部長)
久保田 一徳 先生(東京医科歯科大 放射線科)
五十嵐 隆朗 先生(慈惠医大 放射線科)
澤野 誠志 (AIC八重洲クリニック 院長)
(※1)検査体制は,乳房MRIの経験が国内で最も多い戸崎先生(さがらブレストピアヘルスケアグループ乳腺科部長・相良病院附属 ブレストセンター放射線科部長)の監修のもとに構成されました。
セカンドルック・エコー
乳房MRI検査にて、「要精査・生検(カテゴリー3b, 4)」の場合にセカンドルック・エコーの実施を推奨いたします。
セカンドルック・エコーは、エコーガイド下生検、MRIガイド下生検のどちらを実施するか判断するために行います。
料金の目安:約10,800円(10割負担)  約3,300円(3割負担)
エコーガイド下生検
乳房MRI検査で新たに発見された病変がセカンドルック・エコーで確認できた場合に、エコーガイド下生検を実施いたします。
料金の目安:約23,000円(10割負担)  約6,900円(3割負担)
※ 料金は状況により若干変動する場合がございます。
MRIガイド下生検
MRIガイド下生検
MRIで新たに発見された病変がセカンドルック・エコーで確認できなかった場合(MRIでしか発見できない乳がんの場合)はMRIガイド下生検を実施いたします。
料金:67,200円(消費税込)
日本ではMRIガイド下生検の保険適用が認められておりません。

ご紹介の流れ

乳がん検査、診断の流れ

生検に関するお問い合わせ

エコーガイド下生検、MRIガイド下生検のどちらを実施すべきかの判断についてのご相談をお受けしております。

ご相談については、当クリニック、乳腺画像診断センター顧問:戸崎光宏 先生(さがらブレストピアヘルスケアグループ乳腺科部長・相良病院附属 ブレストセンター放射線科部長)より返答いたします。

ご相談は下記のボタンをクリックし、お問い合わせフォームより送信ください。


お問い合わせフォームへ