MRI検査の適応疾患、症状 > 頭痛(ずつう)

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック >MRI検査の適応疾患・症状 > 頭痛(ずつう)
検査を希望される方へ

頭痛(ずつう)

頭痛についてのご説明です。

1.頭痛(頭痛)とは

頭痛とは、頭部に感じる痛みのうち、表面の痛みでないものを言います。
様々な痛みを含んだ幅の広い症状で、ありふれた症状である一方、これを主症状とする致命的疾患もありますので注意が必要です。

頭痛は、基礎疾患のない一次性頭痛(偏頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛)と、別の原因疾患による二次性頭痛の2つに大きく分けられます。

2.頭痛の診察

頭痛を専門に診察している医療機関では、まず最初に、頭痛を訴えて来院される患者さんの「頭痛」が、「他の病気が引き起こしている頭痛(二次性頭痛)」な のか、「命に別状はない、多くの人を悩ましている慢性頭痛(一次性頭痛)」なのかを、問診、診察、検査などを通して判断します。
当院は医療機関からの検査依頼により、二次性頭痛かどうかを診断する目的で精密検査を行っています。

3.頭痛の原因、種類について

頭痛は、頭部のすべての部位にある、筋肉や血管、脳膜などの痛みを感じる組織が、なんらかの原因によって刺激をうけることによっておこります。
頭痛は痛みを感じる原因となる組織ごとにいくつかに分けられます。

(1)一時性頭痛

一次性頭痛(=慢性頭痛)とは、いわゆる「頭痛持ちの頭痛」のことです。それだけで命に関わることはありませんが、日常生活に支障をきたす場合は治療が必要です。
一次性頭痛の代表的なものには以下の3種類があります。

偏頭痛
週1~2回から月1回~2回くらいの頻度で発作性に起こります。ズキンズキンと激しく痛みます。
緊張性頭痛
接続的に毎日痛みます。痛み自体は我慢できないほどではないのが普通です。
群発頭痛
1~数年に1回の頻度で発作的に起こります。1度発症すると1~2ヶ月にわたってほとんど毎日激しい頭痛に襲われます。

(2)二次性頭痛

病気の症状として発生する頭痛の中には命に関わるような危険な頭痛も存在します。これらの注意すべき頭痛について知っておくことも重要です。

くも膜下出血
突然激しい頭痛が起こり、吐き気や嘔吐を伴います。
脳出血
手足のしびれ・意識障害・ろれつが回らなくなるといった症状を伴い、頭痛が徐々に強くなります。
脳腫瘍
頭痛の他に、嘔吐やけいれん・手足の麻痺・言語障害・視力の低下・視野が狭くなるといった症状が現れることが多く、脳に水がたまることもあります。
髄膜炎、脳炎
38度以上の熱が出て、うなじのあたりが硬くなったり、嘔吐がみられます。後頭部に強い痛みを感じることが多いという特徴もあります。また意識障害やけいれんを生じることもあります。
慢性硬膜下血腫
お年寄りに多いですが、若い人にも起こります。頭部の打撲がきっかけになることもあります。ぼけ症状や麻痺を伴います。

一次性頭痛(慢性頭痛)を持っている人の場合、二次性頭痛が発生しても「いつもの頭痛だ」と考えて放置してしまうケースがあります。しかし、このようなケースの頭痛は、上記の通り命に関わる病気の症状として発生している場合もあるので、早めに医師に相談しましょう。