閉塞性動脈硬化症の早期発見、診断の取り組み

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > MRI検査による病気の早期発見・診断 > 閉塞性動脈硬化症の検査・診断 > 当院での取り組み
MRI検査による病気の早期発見・診断

閉塞性動脈硬化症の早期発見、診断の取り組み

当院では、超高磁場3.0テスラMRI装置を用いた非造影下肢動脈撮影を実施しています。
非造影のMRI検査はCTやX線血管造影検査のような被曝はなく、また造影剤を用いないため、腎機能障害のある方にもお薦めできます。

※ただし、動脈硬化が著しい方、血流量が減少している方、血管壁に石灰化が多い方は描出が不良になる場合があります。

非造影MRI(MRA)検査