深部静脈血栓症の症状

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > MRI検査による病気の早期発見・診断 > 深部静脈血栓症 > 深部静脈血栓症の症状
MRI検査による病気の早期発見・診断

深部静脈血栓症の症状

深部静脈血栓症では炎症をほとんど生じないため、痛みも静脈上の皮膚の発赤もごくわずかです。また、患者の約半数は無症状で、併発した肺塞栓症による胸の 痛みが異常を知らせる場合もあります。血栓で下肢の太い静脈の血流が遮断されるとふくらはぎが腫れ、痛み、圧痛、熱感などの症状が現れます。足首、足、あ るいは太ももが腫れる場合もありますが、どの静脈に血栓が形成されたかによって異なります。
一部の血栓は、瘢痕(はんこん)組織に置き換わって静脈の弁に損傷を与えることがあります。弁が損傷すると静脈は正常に機能できなくなり、体液がたまって 足首がむくみます(浮腫)。静脈が詰まる位置が高いと、すねや太ももまで浮腫が広がることがあります。立っているときや腰掛けているときには、血液は心臓 に達するために重力に逆らって上に向かって流れなくてはならないため、1日の終わりに近づくほど、むくみがひどくなります。脚を水平にすると静脈内が空に なるため、夜間はむくみが解消されます。

慢性深部静脈不全

深部静脈血栓症の末期に発症します。脚の深部静脈や連結静脈の弁が機能しなくなります。そのため脚から心臓へ血液が適切に戻らなくなります。最終的には損傷を受けた静脈が完全に詰まります。
脚はいつもむくんだ状態になり、1日の終わりになると悪化します。足首の内側の皮膚が荒れてかゆくなり、赤みを帯びた茶色に変色します。この変色は皮膚内 の拡張した静脈から赤血球がしみ出てくることが原因です。変色した皮膚は傷つきやすく、ひっかいたりぶつかったりしただけでも傷ができて潰瘍になることが あります。また、静脈瘤がみられることもあります。潰瘍の痛みに加えて、立ったり歩いたりすると拍動性の痛みが生じます。
瘢痕組織が形成されて組織内に体液がたまると、むくみがひどくなって長時間にわたって続きます。結果として、ふくらはぎは永久的に肥大し硬くなります。このような状態になると、さらに潰瘍が発生しやすくなり、治りにくくなります。