変形性膝関節症の早期発見、診断

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > MRI検査による病気の早期発見・診断 > 変形性膝関節症
MRI検査による病気の早期発見・診断

変形性膝関節症の早期発見、診断の取り組み

変形性膝関節症とは、膝関節の軟骨がすり減り、関節炎や変形を生じて、痛みなどが起こる病気です。関節の変化は、関節表面を覆っている軟骨の磨耗や変性に始まり、やがて土台の骨そのものの変形を生じます。
一度発病してしまうと若い頃のような膝に戻すことができないため、早期発見が重要となります。

一般の人を対象にした疫学調査では60歳以上で女性の約40%、男性の約20%がレントゲン上、変形性膝関節症と診断されます。さらに、この割合は80歳代では女性で60%以上、男性でも50%近くに達します。
また、どの年代でも女性の割合が男性に比べて1.5~2倍多くなっています。さらに女性、肥満、O脚については変形性膝関節症との関係があると言われています。一度発病したら、若いころのような膝に戻すことはできません。
何年もかけて徐々に進行し、悪化すると痛みのために歩くこともままならなくなり、日常生活に支障をきたすこともあります。
適切な治療を受ければ、痛みのない日常生活が送れるにもかかわらず、残念ながら、年だからとあきらめて痛みを我慢し、適切な治療を受けていない潜在患者さんが多いのが現状です。

目次

1.変形性膝関節症の症状
1.前期の症状
2.初期の症状
3.進行期の症状
4.末期の症状
2.変形性膝関節症の検査・診断
1.診断方法について
2.当院での取り組み
3.膝軟骨のMRI検査