関節リウマチの基礎知識

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > MRI検査による病気の早期発見・診断 > 関節リウマチ 検査・診断 > 関節リウマチの基礎知識
MRI検査による病気の早期発見・診断

関節リウマチの基礎知識

1.関節リウマチとは

自己免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛や関節の変形が生じる炎症性自己免疫疾患のことを言います。「自己免疫疾患」とは自己に対する異常な免 疫のために引き起こされる疾患です。からだのあちこちの関節に炎症が起こり、関節が腫れて痛む病気です。進行すると関節の変形や機能障害(使えなくなるこ と)が起こります。

2.慢性関節リウマチの患者数

慢性関節リウマチの患者数は推計の方法によっては100万人以上とも言われています。
これは、発症年齢のピークが30~50歳代で中高年者の1%以上がかかっているという数字で、特に女性の発症率は高く、とても身近な病気と言えます。
しかし、死に直結する病気ではないせいか、ガンや脳血管障害などに比べるとリウマチについては一般的には認識不足である現状なのではないでしょうか?
「難病」と恐れられてきましたが、現在では早期に発見して適切な治療を行うことで悪化を食い止めることができるようになってきました。
自分自身のため、身近な人のために、まずは正しく病気の概要を理解することが大切です。

3.関節リウマチの症状

初期の症状として、「朝のこわばり」と呼ばれる症状が出現します。
初期症状の大半は関節炎(関節痛、関節の腫れ、朝のこわばり)で、時に37度台の微熱や倦怠感、食欲不振、体重減少、リンパ節の腫れが出現する場合もあります。
初期症状の関節炎は左右対称であることは少なく、症状が経過すると共に関節炎の数が増え、数週間から数ヶ月間を経過した後、左右対称性の多発性の関節炎となります。
多くは手指や手首、足など関節から、膝や股、肘などの関節へと進みますが、時に、膝などの大関節から発症することもありますので注意が必要です。

4.関節リウマチは全身性の炎症性疾患

さらに、関節リウマチは全身性の炎症性疾患ですから、関節以外の症状が現れる場合もあります。血液(貧血など)や皮膚(皮下結節など)眼症状(上強膜炎・強膜炎など)、肺疾患(胸膜炎・間質性肺炎・肺線維症など)、心疾患(心膜炎など)、腎疾患(アミロイドーシスなど)、末梢神経障害(手根管症候群など)を合併する事がありますので注意が必要です。
関節リウマチの症状は良かったり悪かったりを繰り返すと言われておりますが、一般的には3つのパターンが存在します。

  • 初期に炎症を認めるも次第に症状が軽快するタイプ。
  • 長年にわたり炎症を認め寛解と再燃を繰り返すタイプ。
  • 炎症が持続し次第に悪化するタイプ。