関節リウマチ(RA)の診断・検査

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > MRI検査による病気の早期発見・診断 > 関節リウマチ 検査・診断 > 関節リウマチ(RA)の診断・検査
MRI検査による病気の早期発見・診断

関節リウマチ(RA)の診断・検査

アメリカリウマチ学会(ARA、現在はACRと略す)の分類基準(1987年改訂)が、現在、関節リウマチの診断法として世界で一般的に使われています。
しかし、アメリカリウマチ学会の分類基準では、6週間未満でこれに基づく確定診断は不可能であるので、早期に診断するために、現在日本では、発症1年以内 の早期関節リウマチの診断を目的に作成された、日本リウマチ学会の早期診断基準(1994年)を使用し診断をしています。

ARAの分類基準(1987年改訂)

  • 1時間以上持続する朝のこわばりが、6週間以上あること
  • 3関節以上の腫れが、6週間以上あること
  • 手関節または中手指節関節・近位指節間関節の腫れが6週間以上あること
  • 左右同じ関節に腫れがある(対称性関節腫脹)
  • 皮下にリウマトイド結節がある
  • リウマトイド因子(リウマチ因子)陽性
  • X線レントゲン検査にて、関節リウマチに特有の骨びらんが見られる

以上7項目のうち4項目以上を満たせば関節リウマチと診断

早期リウマチ診断基準 日本リウマチ学会 (1994年)

  • 3つ以上の関節で、指で押さえたり動かしたりすると痛みを感じる
  • 2つ以上の関節で、炎症による腫れがみられる
  • 朝のこわばりがある
  • 皮下結節(リウマトイド結節)が肘や膝にみられる
  • 血液検査で赤沈20mm以上の高値、またはCRP陽性
  • 血液検査でリウマトイド因子が陽性

以上6項目中、3項目以上を満たすとき、関節リウマチと診断

関節リウマチ診断に有効な検査

関節リウマチの診断をするときに役立つ主な検査には、血液検査、X線レントゲン検査とMRI検査があります。

血液検査
リウマチ反応(リウマトイド因子:RF)は、関節リウマチの患者の80~90%で陽性となります。リウマチ患者でも陽性とならない人もあり、また、関節リウマチ以外の病気の人や健康な人でも陽性となることもあります。リウマチ反応陽性でもすぐ関節リウマチというわけではありません。関節リウマチ早期では陰性のことがありますが、抗CCP抗体はRFよりも早期から陽性になるとされており、診断のつかない早期例にはCCP抗体が検査の適応になります。
X線レントゲン検査
骨吸収像や骨びらん像、関節裂隙(関節の隙間)の狭小化、のう胞状陰影、関節変形、関節破壊などの所見を認めます。20~30%は一過性に発症し軽快しますが、80%程度は進行性に経過します。
MRI検査
MRI検査は、滑膜の増殖、炎症や骨変化を直接観察できる画像診断として、最近注目を集めている検査方法です。