関節リウマチ 検査・診断

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > MRI検査による病気の早期発見・診断 > 関節リウマチ 検査・診断
MRI検査による病気の早期発見・診断

関節リウマチ 検査・診断

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

2008年日本リウマチ学会「生物学的製剤使用ガイドライン」の改訂で、日本人の関節リウマチ患者で関節破壊の進行を止めることが可能であることが 示されました。個々の患者さんの疾患活動性と進行の程度を早期に見極めて、臨床的寛解を目指し、関節破壊の進行を止めることが、現在の関節リウマチ治療の ゴールであり,かつそれが実現可能な目標となったと言えます。

日本では、日本リウマチ学会の早期診断基準(1994年)を用い、関節リウマチの診断をするのが一般的になっていますが、当クリニックでは早期診断基準よりも早期に関節リウマチが診断が可能とされている、 MRI検査を取り入れた関節リウマチ早期診断予測基準(厚労省研究班が提案)による、関節リウマチの早期発見・診断に取り組んでいます。

関節リウマチのMRI検査についてのお問い合せ・ご相談がありましたら、お問い合せフォームよりお問い合せください。

お問い合わせフォームはこちら

目次

関節リウマチ(RA)の基礎知識
1.関節リウマチ(RA)とは
2.慢性関節リウマチの患者数
3.関節リウマチ(RA)の症状
4.関節リウマチは全身性の炎症性疾患
関節リウマチ(RA)の診断・検査
1.ARAの分類基準(1987年改訂)
2.早期リウマチ診断基準(日本リウマチ学会-1994年)
3.関節リウマチ診断に有効な検査
最新の関節リウマチ(RA)の診療
1.2008年日本リウマチ学会 生物学的製剤使用ガイドライン改訂
2.現状の問題点
MRI検査を取り入れた早期診断
1.関節リウマチ早期診断予測基準(厚労省研究班-2005年)
2.関節リウマチ早期診断を目的とした当院の試み
3.手関節MRI画像