当クリニックはピンクリボン運動を応援してます。

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > ピンクリボン運動を応援しています
ピンクリボン運動

ピンクリボン運動を応援しています

ピンクリボンは乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるシンボル
マークです。 当クリニックでは、MRI、CT、エコー装置による画像診断という側面から、
乳がんの早期発見、診断を目的にピンクリボン運動を応援しています。

当クリニックが実施している、乳房、乳腺領域の検査

乳房MRIドック(3施設共同 乳房MRIドック)
乳房MRIドック (3施設共同)・亀田総合病院(千葉県鴨川市)
・聖マリアンナ医科大ブレスト&イメージングセンター(神奈川県川崎市)
・乳腺画像診断センター(当クリニック施設内)
上記の3施設共同でMRI検査による乳がんドック:乳房MRIドックを実施しております。
乳がんの早期発見に有効とされている乳房MRIを取り入れた検査内容で、3施設で撮影技術・知見を共有し、質の高い乳がん検査をご提供いたします。
乳がん検診などで病変は発見されなかったが、不安を感じ検査を希望される場合は、乳房MRIドック(自由診療)の適用となります。
乳房MRI検査(乳腺MRI検査)
乳房MRI強い磁力を発生するMRI装置を用いて、乳房の病巣を画像化し、診断する検査のことです。
乳房にできた腫瘍と正常な乳腺組織とを鑑別できます。
乳がん検診(マンモグラフィ検査、超音波検査)などで、要経過観察、要精密検査の場合には、MRI検査の実施を推奨いたします(保険適用)。
セカンドルック・エコー
超音波検査MRI検査後に行う2次エコー検査です。
乳房MRI検査にて、精密検査が必要とされた場合にセカンドルック・エコーの実施を推奨いたします。
セカンドルック・エコーは、エコーガイド下生検、MRIガイド下生検のどちらを実施するかを判断するために行います。
エコーガイド下生検
エコーガイド下生検エコー検査中に病変部の組織を採取する手技です。
乳房MRI検査で新たに発見された病変がセカンドルック・エコーで確認できた場合に、エコーガイド下生検を実施いたします。
MRIガイド下乳腺生検
MRIガイド下生検MRI検査中に病変部の組織を採取する手技です。
MRIで新たに発見された病変がセカンドルック・エコーで確認できなかった場合(MRIでしか発見できない乳がんの場合)はMRIガイド下生検を実施いたします(MRIガイド下生検は、乳房MRI検査とは別の日に施行いたします)。
当クリニックでのMRIガイド下生検は、戸崎先生(さがらブレストピアヘルスケアグループ乳腺科部長・相良病院附属 ブレストセンター放射線科部長)が施行します。

詳しくは、下記のページをご覧ください。

当院はピンクリボン運動を応援しています

現在、自治体などにより、40歳以上の女性に対して、2年に1回の視触診とマンモグラフィ検査による乳がん検診が行われていますが、マンモグラフィ検査以外の方法で乳がん検診を受けたいと希望する女性が少なくありません。
乳がんの早期発見において、マンモグラフィや超音波よりも精度が高い「乳房MRI」が有用と考えられています。
著名な医学雑誌Lancet(Kuhl CK,et al:Lancet,2007)に掲載された2007年の論文では、早期の乳がん(非浸潤癌)の検出率はマンモグラフィで56%、MRIで92%と報告されています。
AIC八重洲クリニックは、MRI、CT、エコー装置による画像診断という側面から、乳がんの早期発見、診断を目的にピンクリボン運動を応援しています。