もやもや病

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別症例集 > 頭部の症例> もやもや病
医師の皆様へ

もやもや病

主訴となる症状

虚血性症状(小児期)、出血性症状(成人期)、etc…

画像上の所見

MRI上は症状に一致した梗塞巣を認めることが多いようです。また、flow voidにより、もやもや血管部(側副血行路)が黒く描出されることがあります。 (本症例では見られません。)
MRA 上,中大脳動脈が細く、右はほとんど描出されていません。前大脳動脈もはっきり描出されていません。 例では見られませんが、内頚動脈が狭窄することが多いようです。
造影CTを行うと、中大脳動脈水平部の描出が不良となります。

撮影シーケンス例

T1WI, T2WI, FLAIR, DWI, MRA

画像の無断転載はお断りいたします。AIC八重洲クリニック