急性期脳梗塞

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別症例集 > 頭部の症例> 急性期脳梗塞
医師の皆様へ

急性期脳梗塞

主訴となる症状

めまい、視野狭窄、言語障害、失語症、麻痺、意識障害、健忘症、etc…

画像上の所見

左小脳半球後部に、T2強調画像、水抑制画像(FLAIR)で高信号・T1強調画像で低信号を示す長径4cmほどの領域が認められます。拡散強調画像でも高信号を示しており、最近発症した梗塞(2週間以内)であると思われます。
この他にも、T2強調画像および水抑制画像(FLAIR)では、両側の大脳半球の深部白質や大脳基底核領域に小さな高信号域が複数認められます。

撮影シーケンス例

T1WI,T2WI,FLAIR,DWI,MRA

画像の無断転載はお断りいたします。AIC八重洲クリニック