三叉神経痛

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別症例集 > 頭部の症例> 三叉神経痛
医師の皆様へ

三叉神経痛

主訴となる症状

頭痛、めまい、顔痛、眼痛、嗅覚異常、etc…

画像上の所見

左三叉神経のnerve entry zoneの近傍を左前下小脳動脈が走行している様子がMRA原画像にてよくわかります。血管による圧迫に伴って三叉神経痛が生じている可能性があります。
MRI上では両側三叉神経およびその近傍,両側小脳橋角部に明らかな腫瘤性病変は指摘できません。T2強調画像では、三叉神経は黒く(低信号)描出され、血管(左前下小脳動脈)もflow voidにより黒く描出されています。
神経に炎症がある場合は、造影剤で染まるため造影後の画像では白く描出されます(この症例では炎症は見られません)。

撮影シーケンス例

T1WI,T2WI,FLAIR,MRA(原画),GdT1WI,FSGdT1WI

画像の無断転載はお断りいたします。AIC八重洲クリニック