中耳炎

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別症例集 > 頭部の症例> 中耳炎
医師の皆様へ

中耳炎

主訴となる症状

耳の痛み・詰まったような感じ、難聴、耳鳴り、耳だれetc…

画像上の所見

左乳突蜂巣にT2強調像で高信号域が認められ,乳突蜂巣炎(中耳炎)が疑われます。
中耳とは鼓膜の奥にある鼓室という小さな空洞を中心とした部分をいい、耳管という管を通じて鼻の奥とつながっています。この耳管から細菌が進入し、感染が起きた状態を、一般に「急性中耳炎」と呼んでいます。
急性中耳炎の症状は、まず耳の痛みや詰ったような感じで始まります。37度台の発熱を伴うこともあります。症状が少し進むと、鼓膜に小さな穴があいて、耳 だれが出始めます。こうなると痛みは和らぎますが、症状がよくなったわけではありません。そのまま放置しておくと慢性化(3ヶ月以上症状が続くものを「慢性中耳炎」といいます)する原因にもなりますから、なるべく早めに耳鼻咽喉科の専門医にかかることをお勧めします。

撮影シーケンス例

T1WI,T2WI,FLAIR

画像の無断転載はお断りいたします。AIC八重洲クリニック