聴神経腫瘍

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別症例集 > 頭部の症例> 聴神経腫瘍
医師の皆様へ

聴神経腫瘍

主訴となる症状

めまい、ふらつき、感音性難聴、耳鳴り、etc…

画像上の所見

左小脳橋角部から内耳道にかけて,長径16mmの充実性腫瘤が認められ,聴神経腫瘍(聴神経鞘腫)を最も考えます。
聴神経鞘腫は小脳橋角部腫瘍の80%を占め、脳にできる良性腫瘍の中では、髄膜腫、下垂体腺腫に次いで3番目に多い腫瘍です。MRI画像上は、T1強調像で灰白質と比べ等信号から低信号、T2強調像で等信号からやや低信号を示します。
聴神経鞘腫は時に髄膜腫との鑑別が非常に難しい場合があります(多くの場合、髄膜腫は硬膜にdural tail signを示します)。

撮影シーケンス例

T1WI,T2WI,FLAIR,GdT1WI,FSGdT1WI


画像の無断転載はお断りいたします。AIC八重洲クリニック