副鼻腔炎

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別症例集 > 頭部の症例> 副鼻腔炎
医師の皆様へ

副鼻腔炎

主訴となる症状

鼻炎、頭痛、発熱、倦怠感、鼻づまり、多量鼻汁、etc…

画像上の所見

鼻腔,左右上顎洞,篩骨洞,蝶形骨洞内に粘液貯留,粘膜肥厚が顕著に認められます。
鼻中隔が弯曲し,左側に膨隆しています。
下鼻甲介の巻きが少なく低形成です。
骨破壊など骨の状態を詳しく観察する場合はCTを施行します。

撮影シーケンス例

T1WI,T2WI,FLAIR,MRA(原画),GdT1WI,FSGdT1WI


画像の無断転載はお断りいたします。AIC八重洲クリニック