慢性硬膜下血腫

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別症例集 > 頭部の症例> 慢性硬膜下血腫
医師の皆様へ

慢性硬膜下血腫

主訴となる症状

頭痛、めまい、嘔気、片麻痺、意識障害、その他神経症状、etc…

画像上の所見

右頭蓋骨と脳表の間に、三日月状の異常信号域が広がっています。一部を除いて、内部はほぼ均一です。信号のパターンを見ると大部分はごく最近出血したので はないかと思われます。血腫によって右大脳半球は圧排されて脳溝が狭小化しています。左へのMidline shiftも認められます。
硬膜下血腫は受傷時期により、急性、慢性に分けられます。CTでは実質と等吸収値(等濃度)で描出されることがあります。

撮影シーケンス例

T1WI,T2WI,FLAIR


画像の無断転載はお断りいたします。AIC八重洲クリニック