転移性肝腫瘍(CT)

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別症例集 > 腹部の症例 > 転移性肝腫瘍(CT)
医師の皆様へ

転移性肝腫瘍(CT)

MRI・CT検査、画像診断における腹部の症例をご紹介しております。

主訴となる症状

上腹部疼痛、黄疸、体重減少、AST/ALT比の上昇、ALP上昇、γGTP上昇etc…

画像上の所見

単純CTで、辺縁不整の低吸収領域の病変を認めます。ダイナミックCTを行うと繊維化壊死に陥った中心部が低吸収域として認められ、その周囲を viableな腫瘍細胞に富む領域が早期にリング状の濃染しています。後期では、中心部も造影されてきています。胃がんからの転移性肝腫瘍と考えられま す。
転移性肝腫瘍の所見は、基本的には原発巣に準じます。胃・大腸・膵・胆嚢など腺癌からの血行性転移巣は乏血管性で、同心円状のパターンを呈することが多い です。膵島細胞腫・腎細胞癌・乳癌などからの転移巣は富血管性で内部に壊死を伴わないことが多く、ダイナミック早期では濃染しますが、後期では周囲肝実質 と濃度差がなくなってしまいます。

撮影シーケンス例

単純CT,Dynamic早期相,後期相

画像の無断転載はお断りいたします。AIC八重洲クリニック