総胆管結石

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別症例集 > 腹部の症例 > 総胆管結石
医師の皆様へ

総胆管結石

MRI・CT検査、画像診断における腹部の症例をご紹介しております。

主訴となる症状

脂肪食後の疝痛発作、右季肋部痛、右背部への放拡散etc…

画像上の所見

肝外胆管・肝内胆管ともに著明に拡張しています。
総胆管には,長径15mm・9mmの結石が少なくとも2個見られます。
胆嚢には結石を指摘できません。
MRIでは結石はT2強調画像で無信号を呈するものが典型的で、中心部に斑状、星状あるいは屑状の高信号を伴う場合もあります。
一部の結石ではT1強調画像で高信号を呈するものもあります。

撮影シーケンス例

T1WI,T2WI,FST1WI,MRCP


画像の無断転載はお断りいたします。AIC八重洲クリニック