水腎症

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別症例集 > 腹部の症例 > 水腎症
医師の皆様へ

水腎症

MRI・CT検査、画像診断における腹部の症例をご紹介しております。

主訴となる症状

血尿、腎部疼痛、下腹部痛etc…

画像上の所見

右上部尿管に6mmほどの石灰化結石を認めます。
上流の腎盂腎杯尿管に水腎症が認められます。右腎実質の萎縮も見られ,かなり時間が経過したもののようである。
腹水を認める。
他症例のMRIでは、左腎盂から上部尿管が拡張しており、水腎症を認めます。上部尿管には長径10mmの低信号構造があり,そこで拡張が終わっています。尿管結石と思われます。

撮影シーケンス例

T1WI,T2WI
単純CT,造影CT

画像の無断転載はお断りいたします。AIC八重洲クリニック