大腿骨頭壊死

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別症例集 > 整形の症例> 大腿骨頭壊死
医師の皆様へ

大腿骨頭壊死

MRI・CT検査、画像診断における整形の症例をご紹介しております。

主訴となる症状

太ももから膝にかけての痛み、歩行困難etc…

画像上の所見

骨頭壊死は、壊死部の浮腫などを反映して、T1では低信号帯・T2では二重線(高信号の外側に低信号)で描出されます。
以下の画像に於いても、骨頭加重部にてT1で低信号 、T2でそれに沿った高信号が認められ大腿骨頭壊死と考えられます。

撮影シーケンス例

T1WI,T2WI,FST2WI,FSPDWI

画像の無断転載はお断りいたします。AIC八重洲クリニック