棚(タナ)障害

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別症例集 > 整形の症例> 棚(タナ)障害
医師の皆様へ

棚(タナ)障害

MRI・CT検査、画像診断における整形の症例をご紹介しております。

主訴となる症状

スポーツの前後に膝蓋骨周辺に痛みや違和感を感じる、etc…

画像上の所見

棚(滑膜ヒダ)には、膝蓋上ヒダ・内側ヒダ・膝蓋下ヒダがあり、臨床的にはすべて正常構造で問題になりません。しかし、スポーツなどにより連続した機械的な刺激が膝に加わるとヒダの肥厚や瘢痕化が起こり症状が現れます。
以下の画像では、T2WIにて肥厚した滑膜ヒダが認められ棚障害と考えられます。

撮影シーケンス例

T1WI,T2WI,FSPDWI

画像の無断転載はお断りいたします。AIC八重洲クリニック