結節性滑膜炎

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別症例集 > 整形の症例> 結節性滑膜炎
医師の皆様へ

結節性滑膜炎(色素性絨毛結節性滑膜炎(PVS))

MRI・CT検査、画像診断における整形の症例をご紹介しております。

主訴となる症状

関節の腫脹、疼痛、locking、関節の可動制限、etc…

画像上の所見

膝蓋骨の下方に断面が楕円形を呈する腫瘤がfat padに食い込む様に存在しています。この腫瘤は被膜を有します.内部はT2強調画像で低信号,T1強調画像もやや低信号を示します.
限局性の色素性PVSは半月板の前後に接して生じることがあり,半月板病変と間違われることがあります。両者の鑑別には造影MRIが有効です。

撮影シーケンス例

T1WI,T2WI,FSPDWI

画像の無断転載はお断りいたします。AIC八重洲クリニック