EOB・プリモビスト 肝臓造影MRI検査のご案内

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 部位別の専門検査 > 肝臓造影MRI検査(EOB・プリモビスト)
医師の皆様へ

EOB・プリモビストを用いた肝臓造影MRI検査について

MRI検査・CT検査専門、当クリニックについてのご案内です。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

従来、当院では肝腫瘍を疑った場合、MRI検査用のガドリニウム造影剤を用いて検査を実施しておりましたが、腹部検査の目的により、造影剤血流動態による 評価と肝細胞機能による評価を1回の静脈内投与により可能とする肝細胞特異性を有するMRI造影剤、EOB・プリモビストを用いた検査を実施しておりま す。

EOB・プリモビスト造影MRI検査が有効と考えられる症例

  • 肝炎,肝硬変のフォロー中に,超音波検査で病変の存在が確認された場合
  • 超音波検査では病変は描出されないが、腫瘍マーカーが異常値を示すハイリスクの場合
  • 超音波検査で肝病変が指摘されたが,良性/悪性の鑑別が困難な場合
  • 造影CT検査やガドリニウム製剤を使ったMRI検査で診断が難しい腫瘍性病変の場合
FNH(限局性結節性過形成)

HCC(肝細胞がん)

EOB・プリモビストの特長

EOB・プリモビストは,常磁性のガドキセト酸ナトリウム(略号:Gd-EOB-DTPA)を有効成分とする肝臓用MRI造影剤です。
略号が示すとおり,Gd-DTPA(商品名:マグネビスト)を基本骨格として,側鎖には脂溶性を示すエトキシベンジル基(EOB:ethoxybenzyl)が導入されています(右図)。

MRI検査で広く一般に用いられているマグネビスト等のMRI造影剤は水溶性を示すため,臓器・組織に特異的に分布することは ありませんが,EOB・プリモビストは脂溶性側鎖であるエトキシベンジル基の導入により,投与された造影剤の一部が肝細胞に取り込まれます。また,血管内 投与後早期には,マグネビストと同様に,非特異的に血管および細胞間隙に分布します。

肝腫瘍の診断では,ヨード造影剤を用いた造影CT検査や,マグネビスト等のMRI造影剤を用いた造影MRI検査が一般的です。 これらの検査では,腫瘍の血流動態を評価することにより病巣の存在診断や質的診断を行います。EOB・プリモビストは,投与後早期の動態はマグネビストと 同様であるため,腫瘍の血流動態を評価することが可能です。そして,肝細胞に造影剤の取り込まれた肝特異的な時相(肝細胞造影相)では,肝細胞機能の消失 あるいは低下した病巣部と正常肝実質との間に造影剤の分布差が生じることで,病巣を検出することが可能となります。

たとえば,肝悪性腫瘍の代表である肝細胞癌は,悪性度が高くなるに応じて腫瘍内部の肝細胞機能が消失していきますが,血流動態 が著明な変化を示さない段階でも,肝細胞機能は変化している場合があります。EOB・プリモビストは,従来までの造影CT検査や造影MRI検査では典型的 な(血流動態)所見を示さない腫瘍の肝細胞機能を鋭敏に画像情報として反映することで,より正確な肝腫瘍診断を可能とすることが期待できます。