超音波検査とは (エコー検査)

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 検査を希望される方へ> 超音波検査とは
検査を希望される方へ

超音波検査・エコー検査とは

超音波検査・エコー検査についてのご説明です。

超音波検査(エコー検査)とは、超音波を対象物に当てて、その反射を映像化することで対象物の内部の状態を調査することのできる画像検査法の一つです。
超音波とは音の一種であり、通常、耳で聞こえる音(可聴音)より高い周波数の音のことをいいます。
音の高さは周波数で表され、可聴音の周波数は20ヘルツ(Hz)~20キロヘルツ(kHz)、超音波に用いる超音波の周波数はそれよりずっと高い1~30メガヘルツ(MHz)程度です。
非常に強い超音波は物質を破壊したり大きな熱を発生したりしますが、
診断に用いる強さの超音波では生体に害がないとされています。

超音波検査の特徴

診断には全て超音波の反射を使用するので、超音波エコー法あるいは単にエコー法とも呼ばれます。
放射線を使用するX線レントゲン装置、X線CT装置、核医学診断装置と比較して被曝がないため、どなたでも安心してお受けていただける検査です。

超音波検査・エコー検査の注意事項

飲食の制限について
検査部位により飲食の制限がございます。
腹部(おなか)の検査の方
午前の検査予約の方は朝食を、午後の方は昼食をお控え下さい。
(お茶・お水は少量であればお飲みいただけます)
その他部位の検査の方は飲食の制限はございません。
排尿の制限について
検査部位により排尿の制限がございます。
腹部(おなか)の検査の方:検査2時間前より排尿をお控え下さい。
その他部位の検査の方は排尿の制限はございません。

検査を検討されている方は、 検査を希望される方へをご覧ください。