研究発表(学会発表、誌上発表)

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 医師の皆様へ > 研究発表(学会発表、誌上発表)
医師の皆様へ

研究発表(学会発表、誌上発表)

当クリニックの医師・検査技師による研究発表のご紹介です。

当クリニックは地域の病院・診療所の先生方と連携を行い、日々、画像診断を実施しています。
また、病気の早期発見・診断を目的に、専門医の先生方との連携・指導による新しい検査方法の研究にも取り組み、検査の品質を高めております。


2016年

【学会発表】
学会・研究会名 演題名 演者名
第44回日本放射線技術学会秋期学術大会 Dual energy imagingによる冠動脈stentの再狭窄評価 舘林 正樹
第44回日本磁気共鳴医学会大会 Inducibility of ventricular arrhythmia is correlated to viability of the PIR 橘 篤志
Usefulness of simultaneous acquisition of MR Neurography and T2*mapping for assessment of capital tunnel syndrome 小澤由莉子

2015年

【学会発表】
学会・研究会名 演題名 演者名
第71回日本放射線技術学会総会学術大会 頚椎T1強調横断像におけるvariable refocus flip angle(VRFA)併用2DTSE法による画質改善の検討 小澤由莉子
第79回日本循環器学会学術集会 川崎病患者経過観察におけるVRFA(Variable Refocusing Flip Angle)3D-TSEを利用した
Coronary Vessel Wall Imaging(チーム医療セッションにて発表)
飯山 利健

2014年

【学会発表】
学会・研究会名 演題名 演者名
第42回日本磁気共鳴医学会大会 Multi-spectral VISTA による磁性体アーチファクト低減法メンテ 梅崎 好永
Diffusion-sensitized driven equilium(DSDE)を用いた手関節高分解能MRNeurigraphyの検討 小澤由莉子
Multi-stack CINEMA-FAIRによる両手末梢動脈描出の検討 林田 江美
教育講演「骨・軟部」 『股関節MRIにおける実践的撮像技術』 小野 英雄
第70回日本放射線技術学会総会学術大会 Rapid, multi-contrast, black-blood imaging in the vertebral-basilar artery using zoom imaging with evolved signal transition( ZEST) 梅崎 好永
ASLの手法を用いた頭蓋内MRA・MRV同時取得の検討 林田 江美
Long echo-time diffusion-weighted omagingを用いた錐体路直接描出の検討 小澤由莉子
【誌上発表】
雑誌・書籍名 題名 著者名
新医療 画像診断センターにおける非造影MRAの利点 梅崎 好永

2013年

【学会発表】
学会・研究会名 演題名 演者名
第69回日本放射線技術学会総会 Improvement of reconstruction artifacts in radial scan sequence 梅崎 好永
日本放射線技術学会
関東・東京部会合同研究発表大会2013
Zoom imaging with Evolved Signal Transsition(ZEST)法を用いた椎骨脳底動脈超高速T2強調black-blood imagingの検討 小澤由莉子
3.0T-女性骨盤高分解能T2強調画像における2D-variable refocus flip angle(VRFA)-高速SE法の有用性
第41回日本磁気共鳴医学会大会 頚動脈プラークにおける短時間長軸方向T1強調Black-Blood撮像の検討 梅崎 好永
頚動脈プラークにおける短時間長軸方向T2強調Black-Blood撮像の検討 小澤由莉子
VRFA Anti-DRIVE法を用いたCoronary Black Blood Imaging最適化の検討 小野 英雄
【誌上発表】
雑誌・書籍名 題名 著者名
日本放射線技術学会誌 MRI用皮膚マーカについての検討 (共著)梅崎 好永
Reference Scan の位置における画質の検討 (共著)梅崎 好永
第3版MRI応用自在 k-space 梅崎 好永
MRUrography 小澤由莉子


2012年

【学会発表】
学会・研究会名 演題名 演者名
第68回日本放射線技術学会総会学術大会 MultiTransmit併用3.0T MRIにおけるbalanced FFEを用いた子宮kinetic撮像の検討 林田 江美
体幹部血管を対象とした非造影time-resolved MRA:k-t BLAST併用による呼吸停止撮像の試み 中村 理宣
第40回日本磁気共鳴医学会大会 CENTRA+を用いた 1 Breath Hold Whole Heart Coronary MRAの有用性 小野 英雄
心電同期併用頸動脈DIR-black blood imagingにおけるAnti-DRIVE法を用いたT1強調コントラストの改善 並木 隆
T1-enhanced MSDE-TSE:MSDE併用高速SE法T1強調画像におけるAntiDRIVE法を用いたT1コントラストの改善 (筆頭)
米山 正己
管抑制画像と非抑制画像を同時取得できる新たなMR撮影法:脳転移診断における有用性の検討 (共同研究者)
米山 正己
ISMRM 20th Annual Meeting & Exhibition Whole-Brain Black-Blood Imaging with
Magnetization-Transfer-Prepared-Spin-Echo-Like Contrast: Application for
Contrast-Enhanced Brain Metastasis Screening at 3.0Tesla
Simultaneous Bright- and Black-Blood Imaging Acquisition for
Contrast-Enhanced Brain Metastasis Screening
米山 正己
Vessel-selective non-contrast enhanced time-resolved MR angiography using PULSER prepared 4D T1TFE in intracranial arteries 中村 理宣
Non contrast enhanced 3D volumetric time-resolved MRA combining multiple phase pCASL(CINEMA-pCASL) 中村 理宣
KSMRM The 17th Annual Scientific Meeting Non contrast 3D volumetric time-resolved MRA combining multiple phase FAIR(CINEMA-FAIR) 中村 理宣
【講演発表】
学会・研究会名 演題名 演者名
第7回東京MRI動態機能研究会 教育講演「Arterial spin labelingの基礎~1986 to the future~」 中村 理宣
第6回葛飾フレッシュマンズフォーラム 特別講演「MRIの基礎~コントラストの闇から脱出~」 中村 理宣
関東Gyro users meeting 2012 「非造影MRAとわたし~CINEMAができるまで~」 中村 理宣
第19回埼玉画像フォーラム 教育講演「MRI最新技術~ASLの最新動向と臨床応用~」 中村 理宣
【誌上発表】
雑誌・書籍名 題名 著者名
日本放射線技術学会雑誌 Inversion Recovery 併用 T1 強調 -3D Variable Refocus Flip Angle Turbo Spin Ech(o SPACE)Black Blood Imaging の 頸動脈プラーク検査への応用 (共著 2nd)
米山 正己
日本磁気共鳴医学会雑誌 大会長賞記録:『 Motion Sensitized Driven
Equilibrium(MSDE)の印加方法に着目した動静脈分離描出の試み』2
米山 正己
Rad Fan 2012(5) Motion sensitized driven equilibrium(MSDE)のmotion sensitized gradient印加方法に 着目した頭蓋内動静脈分離描出の試み 米山 正己
Radiological Physics and Technology Vol5 Number2 july 2012 「Optimization of 3D-variable refocusing flip angle RARE imaging for high-resolution volumetric black-blood angiography」 (共著者 2nd)
中村 理宣
日本放射線技術学会雑誌 第68巻第7号 「inversion recovery 併用T1強調-3D Variable Refocus Flip Angle Turbo Spin eCHO(SPACE)Black Blood Imagingの頸動脈プラーク検査への応用」 (共著者3rd)
中村 理宣
Radiological Physics and Technology Optimization of 3D-variable refocusing flip angle RARE imaging for high-resolution volumetric black-blood angiography 筆頭 米山 正己

2011年

【学会発表】
学会・研究会名 演題名 演者名
第39回日本磁気共鳴医学会大会 学術奨励賞 Motion Sensitized Driven Equilibrium(MSDE)の印加方法に着目した動静脈分離描出の試み(学術奨励賞) 米山 正己
高速スピンエコー法をベースとした三次元末梢神経強調画像の開発(日本磁気共鳴医学会 平成23年度バイエル国際飛躍賞) 米山 正己
Motion Sensitized Driven Equilibrium(MSDE)の印加方法に着目した動静脈分離描出の試み (学術奨励賞受賞) 米山 正己
hyperecho propeller imaging 米山 正己
再収束フリップ角可変型高速スピンエコー法におけるVRFA変調方式がBB効果に及ぼす影響 並木 隆
腰部Diffusion-weighted MR neurographyにおけるコイル選択による描出能の比較 並木 隆
Vessel selective 3D-Arterial Spin Labelingの検討 中村 理宣
MSDE prepared-spoiled gradient-echo propeller sequenceによる頸動脈T1強調plaque imagingの試み 中村 理宣
3D-STARによる頭蓋内Non Contrast Volumetric Time-Resolved MRA 中村 理宣
第67回日本放射線技術学会 3.0TMRIにおいてon-resonance magnetization transfer pulseが有する脂肪抑制効果の検討 中村理宣
mDixon法による関節リウマチ両手同時撮像の検討 中村理宣
第39回日本放射線技術学会秋季学術大会 tisuue-specific VRFAを用いたT2強調coronary Black Blood MRA画質改善の検討 小野 英雄
19th
Annual Meeting & Exhibition ISMRM
"Flow-void Enhanced" Volumetric Black-blood Angiography Using 3D-TSE with Very Low-constant Refocusing Flip Angles and Sensitized Flow Compensation 米山正己
High-Resolution 3D Volumetric Nerve-Sheath Weighted RARE Imaging (3D SHINKEI) 米山正己
Non Contrast 3D Volumetric Time-Resolved MRA in Renal Artery(CINEMA-RENAL) 中村理宣
Non Contrast Time-Resolved MRA combining High Resolution Multiple Phase EPISTAR (CINEMA-STAR) 中村理宣
Non Contrast 3D Volumetric Time-Resolved MRA combining Multiple Phase FAIR(CINEMA-FAIR) 中村理宣
【講演発表】
学会・研究会名 演題名 演者名
第6回東京MRI動態機能研究会 『位相分散系』ブラックブラッドイメージング 米山 正己
先端医用画像技術研究会 in 金沢2011 ちょっとしたアイデアから生まれる新しい画像コントラスト 米山 正己
第2回山口Gyro meeting あなたの知らないbalanced sequenceの世界 米山 正己
MRI tech forum 女性骨盤のMRI: 美しく彩る撮像テクニック 米山 正己
第1回城東画像研究会 特別講演「非造影血管イメージング」 中村理宣
第16回道南放射線画像技術フォーラム 特別講演「頭頸部MRイメージング~血管・神経・3D・4D」 中村理宣
第12回東京Gyro users meeting 「ISMRM報告~心臓MRI最新情報~」 中村理宣

【誌上発表】
雑誌名 題名 執筆者名
日本磁気共鳴医学会雑誌 低角再収束フリップ角3D-高速SE法を用いた椎骨脳底動脈volumetric black blood angiographyの試み    共著(2nd) 米山 正己
日本磁気共鳴医学会雑誌 大会長賞記録:『 末梢神経強調画像(3D NERVE:Neurographic-Enhanced RARE Volume Excitation)の初期検討』 米山 正己
日本磁気共鳴医学会雑誌VOL.31 No4 2011 「低角再収束フリップ角3D-高速SE法(LRFA-3DTSE)を用いた椎骨脳底動脈volumetric black bloodの試み」(著者) 中村 理宣
日本放射線技術学会雑誌第67巻第12号 「平成23年度前期国際研究集会派遣会員報告書 ISMRM 2011に参加して」(著者) 中村 理宣
FieldSrength ISSUE44-SUMMER 2011 「Towards time-resolved non-CE MRA with CINEMA」(著者) 中村 理宣
Rad Fan Vol.10 No.2 「非造影でもできる肺動脈ダイナミックMRアンギオグラフィー」(著者) 中村 理宣
Rad Fan 5月号臨時増刊号 医用画像機器・放射線治療装置 「臨床現場に変革をもたらすMRIシステム」(著者) 中村 理宣
書籍 医療関係者プレゼンのための誰も教えてくれなかった画像処理マニュアル (共著)
米山 正己
中村 理宣

2010年

【講演発表】
学会・研究会名 演題名 演者名
第66回
日本放射線技術学会総会学術大会
放射線撮影分科会(MR):ワークショップ ーより良い撮影技術を求めて(その101)-脳MR検査における撮影技術- 『3.0T装置における撮像方法と撮影条件の考え方』 ‐3D撮像を中心に‐ 米山 正己
第7回千葉県放射線技術フォーラム 3T MRIの現状
小野英雄
日本放射線技師会
診療放射線技師基礎講習
乳腺MRI検査
小野英雄
【誌上発表】
雑誌名 題名 執筆
映像情報メディカル 
Routine clinical MRI 2011
3D高速スピンエコー法の新たな展開~コントラストのコントロール方法に関して~ 米山 正己
映像情報 Medical.
12.2009
「VISTAを用いた『同期のいらない!』胸部大動脈撮像」 中村 理宣
インナービジョン
2010 9月号
Step up MRI 2010
四肢・関節領域 整形領域における3T MRIの有用性
飯山利健・木内信司・田渕隆・佐志隆士 共著
映像情報メディカル 2010:42(6) 躯幹部周波数選択的脂肪抑制画像における『Fat shift direction』の活用 米山 正己
Breast Imaging MOOK
産業開発機構株式会社
2010年3月30日発行
乳房MRIの撮像法 -3.0Tを中心に- 小野英雄/並木隆/米山正己/中村理宣/田渕隆 共著
【学会発表】
学会・研究会名 演題名 演者名
第66回
日本放射線技術学会
総会学術大会
iMSDE-VISTAによるmulti-contrast black-blood imaging最適条件の検討 並木 隆
VISTA法のシーケンス特性を考慮したT1強調画像の検討 並木 隆
3D Propeller-THRIVE(THRIVE-XR)を用いた骨盤部脂肪抑制T1強調画像におけるmotion artifact低減の検討 並木 隆
SPALKO(SPAIR with Linear K-space Order)併用balanced SSFPを用いた軟骨描出の検討 飯山 利健
脂肪の温度がT1値および脂肪抑制効果に与える影響 木内 信司
Phase-oversampling SENSE(PostSENSE)の基礎的検討 (筆頭)
米山 正己
3.0T躯幹部T2強調画像撮像におけるPropeller-TSE sequenceの最適化~蠕動artifact低減の試み 中村 理宣
低再収束フリップ角高速SE法(LOWRAT)によるSingle-shot T2-weighted Black blood imaging 中村 理宣
”Sensitized” Flow compensationの流れに対する信号特性 中村 理宣
第38会
日本磁気共鳴医学会大会
3D Non-cartesian(Radial)-T1TFE :THRIVE-XRのmotion artifact特性についての基礎的検討 並木 隆
撮影順序の違いが検査精度に与える影響 木内 信司
Variable refocusing flip angle-TSEにおける最適flip angle modulation方法の選択 (筆頭)
米山 正己
tissue-specific VRFAを用いた3D-高速SE法(VISTA-TSV)による子宮3層構造描出のための最適条件の検討 (筆頭)
米山 正己
末梢神経強調画像(3D NERVE:Neurographic-Enhanced RARE Volume Excitation)の初期検討(学術奨励賞受賞) (筆頭)
米山 正己
tissue-specific VRFAを用いた3D-高速SE法(VISTA-TSV)による上腹部3D-T2強調画
像撮像の試み
中村 理宣
3.0T 躯幹部T2強調画像撮像におけるPropeller-TSE sequenceの最適化~動体ファ
ントムによるmotion artifact低減の検証~
中村 理宣
高空間分解能EPISTARによるContrast inherent inflow enhanced multi phase angio
graphy(CINEMA-STAR)
中村 理宣
Multi phase 3D-FAIRを用いたContrast inherent inflow enhanced multi phase ang
iography(CINEMA-FAIR)
中村 理宣
腎動脈を対象にしたContrast inherent inflow enhanced multi phase angiography(
CINEMA-Renal)
中村 理宣
e-THRIVEと従来型THRIVEのmotion artifact特性についての比較検討 原 定剛
第5回
東京MRI動態機能研究会
「MR-非造影perfusion検査について」 中村 理宣
Joint Annual Meeting ISMRM-ESMRMB 2010 "Spin-echo Like T1 Contrast" Volumetric Black-Blood Images Using 3D LOWRAT: Low Refocusing Flip Angle TSE. (筆頭)
米山 正己

2009年

【講演発表】
学会・研究会名 演題名 演者名
横三CTらせん研究会 地域のための放射線科 ~画像診断センターの技師の立場から~ 田渕 隆
第4回
東京MRI動態機能研究会
「FLOW and PHASE」 米山 正己
関東Gyro Meeting 2009  高速スピンエコーと私~骨盤のT2強調矢状断をキレイに撮るために~ 米山 正己
【誌上発表】
雑誌名 題名 執筆
映像情報 「次の一手」をいつも頭に! 田渕 隆
Rad Fan JRC&ITEM2009 スペシャリストからのベストアンサー 田渕 隆
Rad Fan 総説:「VRAFA-3DTSE-VISTA2009-」 田渕 隆
Rad Fan 2009(1) Rad Talk 技師からみた日本磁気共鳴医学会大会2008
映像情報メディカル 2009:41(11)   3.0T 躯幹部拡散強調画像で脂肪をキレイに消す方法
米山 正己
映像情報メディカル 2009:41(11)  3.0T 躯幹部拡散強調画像で脂肪をキレイに消す方法 米山 正己
【学会発表】
学会名 演題名 筆頭/共同研究者
第37回
日本磁気共鳴医学会大会
乳腺画像診断センターにおける3.0TMRI装置を用いたルーチンプロトコール 並木 隆
transient-state balanced sequenceを用いた軟骨描出の検討 (筆頭)
飯山 利健
3D Volumetric T1W Black-blood imagingT1 BPAS-BBによる椎骨脳底動脈壁描出の検討 (筆頭)
駒井 哲也
BPAS-BB:低再収束フリップ角高速SE法(LRFA-TSE)を用いた椎骨脳底動脈volumetric black bloodの試み (筆頭)
中村 理宣
低再収束フリップ角高速SE法においてFlow compensationが流れの信号強度に与える影響 (筆頭)
中村 理宣
Non contrast 4D inflow weighted MRA (筆頭)
中村 理宣
MPG-BB:Low b-value DW-EPIを用いたVolumetric Black blood imaging (筆頭)
中村 理宣
両側手関節ダイナミック造影撮影時における画質向上のための一考察 (筆頭)
木内 信司
低再収束フリップアングル高速SE法においてFlow compensationが流れの信号強度に与える影響(ボランティアによる検討) (筆頭)
小野 英雄
FLAIR-VISTA法を用いた下位脳神経の描出 並木 隆
乳腺画像診断センターにおける3.0TMRI装置を用いたルーチンプロトコール (筆頭)
並木 隆
VISTA-3D FLAIRを用いた脳神経描出のための最適条件の検討 (筆頭)
並木 隆
低再収束フリップ角高速SE法においてPSS starter sequenceが信号挙動および画像コントラストに与える影響 (筆頭)
米山 正己
低再収束フリップ角高速SE法においてPSS starter sequenceがflow-void(black-blood)効果に与える影響 (筆頭)
米山 正己
“Spin-echo like T1 weighted” Volume Black-Blood Images by Low Refocusing Flip Angle-TSE(LOWRAT) (筆頭)
米山 正己
Multi-Echo-FFE法を用いた軟骨イメージング (筆頭)
飯山 利健
日本放射線技師会
総合学術大会
診療報酬シンポジウムーCT,MRI部門 (シンポジスト)
田渕 隆
第65回
日本放射線技術学会総会学術大会
VISTA-3D FLAIRにおけるTruncation artifact低減の試み 並木 隆
3テスラMRI装置用4チャンネルSENSEリスト・コイルの有用性 (筆頭)
木内 信司
Cartesian高速SE法の非対称性K-space orderが呼吸性ghost artifact出現に与える影響(動体ファントムによる検討) (筆頭)
米山 正己
(共同研究者)
中村 理宣
reference scanを用いたコイル感度補正処理(CLEAR)が動体の画像表示に与える影響(動体ファントムによる検討) (筆頭)
米山 正己
(共同研究者)
中村 理宣
SENSEの併用が呼吸性motion artifact に及ぼす影響(動体ファントムによる検討) (筆頭)
中村 理宣
VISTAによるWhole Heart Black Blood Coronary vessel wall Angiography (共同研究者)
米山 正己
高速SE法T2強調画像撮像時においてSENSEの併用が呼吸性motion artifact に及ぼす影響(動体ファントムによる検討) (共同研究者)
米山 正己
3D高速gradient-echo法のkyz-loop orderが呼吸性motion artifactに及ぼす影響(動体ファントム実験) (共同研究者)
米山 正己
撮像シーケンス及び撮像パラメータがADC値に与える影響について (共同研究者)
米山 正己
3D高速gradient-echo法のkyz-loop order(turbo-direction)が呼吸性motion artifactに及ぼす影響(動体ファントム実験) (共同研究者)
中村 理宣
スライス選択的反転パルスLook locker sequenceによるinflow効果の検討 (共同研究者)
中村 理宣
VISTA法を応用したMRVenographyへ試み (共同研究者)
中村 理宣

2008年

【講演発表】
学会・研究会名 演題名 演者名
Medical Imaging Forum 脳・中枢神経系のMRI 検査 田渕 隆
第1回
よこはまSyngoMR研究会
拡散強調画像~原理と臨床応用 (躯幹部での臨床応用を中心に) 米山 正己
第36回
日本磁気共鳴医学会大会
パネルディスカッション4:検査目的から考えたMR撮像技術の工夫『躯幹部拡散強調画像、目的別ココがポイント』 米山 正己
第24回 東京MRI励起会 『脂肪抑制法の基礎』 米山 正己
第8回東京Gyro Meeting 『コントラストからk-Spaceを考える』 米山 正己
【誌上発表】
雑誌名 題名 執筆
アールティー プラークを診る:MRI 田渕 隆
Rad Fan 技師からみた日本磁気共鳴医学会大会2008 田渕 隆
Rad Fan MRI検査上級者への道
肝臓MRI/3.0T
田渕 隆
日本放磁気共鳴医学会雑誌 大会長賞記録:「躯幹部拡散強調画像におけるecho時間(TE)の違いに伴うADC値の変動について 」 米山 正己
Rad Fan 2008(5) 「balancedシーケンスにおける新しい脂肪抑制法2008」 米山 正己
【学会発表】
学会名 演題名 演者名
日本放射線技師会総合学術大会 診療報酬シンポジウムーCT,MRI部門 (シンポジスト)
田渕 隆
磁場中心からの距離が肩関節や肘関節の撮像に及ぼす影響 第二報 (筆頭)
木内 信司
Multi-phase ASLを応用した腎MR-perfusionの試み 第2報(臨床への応用) (筆頭)
駒井 哲也
Multi-phase ASLを応用した腎MR-perfusionの試み 第1報(撮像条件の検討) (筆頭)
小野 英雄
VISTA(Volume ISotropic T2w Acquisition)を用いた3D-Black Blood imaging (VISTA-BB)の初期検討 (筆頭)
米山 正己
Multiple b values拡散強調画像による脳脊髄液動態評価の試み (共同研究者)
米山 正己
頚動脈プラークに対する T1W SPACE Black Blood Imaging の検討 (共同研究者)
米山 正己
1DFT解析による3D balanced sequenceと血流信号変化の基礎検討 (共同研究者)
米山 正己
VISTA併用TRANCE法における流速補正の検討 (共同研究者)
米山 正己
日本放射線技術学会総会 MR検査技術の現状と将来展望 (シンポジスト)
田渕 隆
SPADE(SPAIR with Dummy Excitation)法を用いた脂肪抑制3D T1-TFE(THRIVE)の検討 (共同研究者)
米山 正己
頚動脈プラークに対する脂肪抑制付加SPACE法の有用性 (共同研究者)
米山 正己
第36回日本磁気共鳴医学会大会 非balanced型SSFPシーケンス(SSFP-echo/PSIF/T2FFE)の再評価
高速T2強調Black Blood imageとしての有用性
(筆頭)
米山 正己

2007年

【講演発表】
学会・研究会名 演題名 演者名
マルチモダリティーシンポジウム"Versus" 「血管を診る」 ープラークを診るー 田渕 隆
神奈川ジャイロミーティング 撮像法の工夫とジャイロミーティングのあり方 田渕 隆
【誌上発表】
雑誌名 題名 執筆
Rad Fan ITEM 2007 徹底解剖 田渕 隆
【学会発表】
学会名 演題名 演者名
第66回
日本医学放射線学会総会・学術集会
予想外の所見を認めた肩関節MRI (筆頭)
佐志隆士
日本放射線技師会総合学術大会 診療報酬シンポジウムーCT,MRI部門 (シンポジスト)
田渕 隆
磁気共鳴医学会 磁場中心からの距離が肩関節や肘関節の撮像に及ぼす影響 (筆頭)
木内 信司
日本放射線技術学会総会 Contrast Enhaced Timing Robust Angiography(CENTRA)DSAの骨盤部血管における臨床検討 (筆頭)
林田 江美
3D-Phase-Contrast法による流速測定の基礎的検討 (筆頭)
飯山 利健
Whole Heart Viability Image(WHVI)における基礎検討 (筆頭)
原 定剛
Whole heart coronary MRA(WHCMRA)に於ける Cardiac Navigatorの検討 (筆頭)
林 慈明
放射線技術学会
秋季大会
T1TFEにおけるTFE factorが2D-PC法の測定値に与える影響 (筆頭)
飯山 利健

2006年

【学会発表】
学会名 演題名 演者名
日本放射線技術学会
第62回総会学術大会
Breath Hold Whole Heart Coronary MRA(BHWHCMRA) (筆頭)
原 定剛
第1回国際顎関節学会ならびに第19回日本顎関節学会総会
学術大会
Determination of the behavior of articular disks during mandibular movement with ultra-high speed MR imaging-Initial report-Studies on mouth opening-closing movement in healthy dentulous subjects (筆頭)
森田明子
<フォレスト歯科>
(共同研究者)
高村宗俊
顎関節円板の診断における超高速MR撮像法の有用性 (筆頭)
森田明子
<フォレスト歯科>
(共同研究者)
高村宗俊

2005年

【学会発表】
学会名 演題名 演者名
第70回記念
日本循環器学会総会・学術集会
Examination of the Coronary-arteries Stenosis Detection Ability in Multi Breath Hold WHOLE HEART CORONARY MRA (筆頭)
平野 雅春
(共同研究者)
林 慈明

2004年

【学会発表】
学会名 演題名 演者名
第22回
顎咬合学会学術大会
インプラント術前診断におけるCT撮影の応用・サージガイド並びに光造形模型を用いた次世代のインプラント治療 (筆頭)
小川洋一
<小川歯科医院>
(共同研究者)
高村宗俊